カラーコーディネート

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

スタイル別カラーコーディネート

【沖縄でオシャレなリフォーム】カラーコーディネート

2021/08/19

オシャレなお部屋にするためのカラーコーディネート

オシャレなインテリアのポイントはお部屋のカラーコーディネートが決め手になります。好きものを集めているだけでは、チグハグなインテリアになってしまいます。 オシャレなインテリアにするためのカラーコーディネートについてご紹介します。

カラーコーディネートの基本

お部屋のカラーコーディネートの基本は、ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの3つです。

 

ベースカラー:床や壁・天井の大きな面積を占める色です。ホワイトやアイボリーなど、飽きがこない色を使用します。

出典:フリーダムアークてクツデザイン株式会社

出典:HACO一級建築士事務所

アソートカラー:室内ドアや家具、カーテン、ラグなど、2番目に面積を占める色です。色の濃淡で部屋の印象がガラッと変わる部分になります。

出典:www.instagram.com(@_finntage)

出典:株式会社ルーヴィス

アクセントカラー:クションカバー、インテリア雑貨、壁面装飾などです。変更が簡単で、部屋の雰囲気を変更したい時に手をつけやすい部分です。季節によって変えることも可能です。

出典:www.papernstitchblog.com

出典:boligmagasinet.dk

ベースカラー:アソートカラー:アクセントカラーの比率は70%:25%:5% が黄金比だと言われています。

この比率を頭の片隅に置いて、ゆるっと、ナチュラルスタイル・ビンテージスタイル・モダンスタイル、弊社一押しのカリフォルニアスタイル(西海岸風スタイル)でカラーコーディネートのアイディアをご紹介します。

ナチュラルスタイルのカラーコーディネート

壁のベースカラーはホワイト系、床はオーク系の色味ががお勧めです。ナチュラルスタイルは木製の素材や柔らかい色調がよく似合います。また、壁にパステルカラーを一部取り入れることで爽やかでカジュアルな印象になります。大人っぽい雰囲気や、都会的な雰囲気にしたい場合は、グレーやブラックなどシックな色合いのカラーを入れると雰囲気がグッと変わります。

出典:sangetsu

出典:www.instagram.com(@eee_hou)

アソートカラーとしては、家具はナチュラルブラウンのものや、グリーンやブルーのファブリックソファーがよく取り入れられます。 ドアの色は最近流行のくすみカラーの框ドアやウッド調のドア、シンプルなドアなどが似合います。色の比率を増やしたい場合は、ラグなどを取り入れて調整することができます。男性的な印象も入れたい場合はブラウンの革製ソファーやグレーのファブリックソファー、アイアン脚のテーブルなど取り入れるといいと思います。

 

アクセントカラーはクッションカバーでブルーやイエロー、柄物などを取り入れるとバランスが取れます。また観葉植物のグリーンもアクセントカラーになります。

アソートカラーと同様に男性的な要素を取り入れる場合は、クッションカバーや観葉植物のポットなどをブラックやグレーなど取り入れるといいと思います。

出典:www.instagram.com(@k0asam)

出典:LiVES

出典:unico

出典:エア・リゾームインテリア

出典:ムクリ[mukuri]

出典:www.instagram.com(@koenyoko_o)

ビンテージタイルのカラーコーディネート

ベースカラーにはホワイト系やグレー系がお勧めです。コンクリートやレンガの様な無骨な要素や古材、ウォールナット・チークなどの濃い色味が似合います。

出典:unico

出典:WOOD ONE

アソートカラーとしては、濃い色の木材家具、アイアンやレザーなど男性的な要素があるものが似合います。アクセントカラーもアソートカラー同様の要素が入ります。

 

アクセントのポイントになるのは、アンティーク感漂う小物や、照明・家電なども重要になります。ちょこんとゴールドがあるものお勧めです。

出典:unico

出典:ARTWORKSTUDIO

出典:ARTWORKSTUDIO

モダンスタイルのカラーコーディネート

ベースカラーはホワイト~グレーといった無彩色が選ばれることが多く、使用する色の数をグッと少なく抑え、お部屋を広く見せるようにコーディネートしていきます。

出典:SUVACO

出典:www.instagram.com(@futurenordichome)

アソートカラーにはグレー〜ブラック、ここでも無彩色を中心に選んぶことをお勧めします。素材の要素を抑えることが重大なポイントなので、家具の素材は揃えることをお勧めします。

自然素材が少なくなるスタイルなので、石やテーブル天板で無垢材を取り入れると思います。

 

アクセントカラーとして、インテリアの小物などはシンプルな形のもの、ラインがスッキリしたもの、フレームの細い絵画や鏡などを壁装飾として取り入れるのもいいと思います。

出典:www.instagram.com(@y.u.r.i.2.5)

出典:GRAFTEKT

カリフォルニアスタイル(西海岸風スタイル)のカラーコーディネート

ベースカラーは砂浜と海をイメージさせるさせるホワイトとブルーで空間を作っていきます。床に使用する木材はバーチやパインの様な軽い印象の木材がお勧めですが、沖縄では湿気で合わない木材もあるので、プロに相談することをお勧めします。

弊社施工例

出典:www.instagram.com(@mtokt)

アソートカラーも同様にホワイトとブルーになります。ドアはルーバーが入っているデザインを取り入れれば、空間に軽さが出ます。サーフボードなど趣味で持っている方は見せる収納にすると、これもアソートカラーの役割を果たします。

 

アクセントカラーとしては、流木、海を感じる小物や、ソファーやクッションカバーはホワイト系のファブリックがよく似合います。ただ、このスタイルはビーチの開放感などをイメージさせるように空間に余白を持たせ、都会的な要素を入れることがバランスよく見せることができます。余白とは照明器具などに裸電球のペンダントライトを取り入れたり、都会的要素にはスポットライトや家具のラインをシンプルな直線にしたりすることがポイントです。

出典:SUVACO

出典:株式会社別所材木店

カラーコーディネートの基本は、ベースカラー:アソートカラー:アクセントカラーの70%:25%:5%の比率です。




 5%のアクセントカラーは今からでもお部屋に取り入れることは可能ですが、全体の95%を占めているベースカラーとアソートカラーは簡単にはできない部分で、プロの手助けが必要になります。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。