カリフォルニアスタイルと相性ぴったり! グリーンインテリアの世界

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

カリフォルニアスタイルと相性ぴったり! グリーンインテリアの世界

カリフォルニアスタイルと相性ぴったり! グリーンインテリアの世界

2021/04/27

グリーンインテリアって何?

グリーンインテリアとはインテリアになるような植物。主に観葉植物を差すことばです。最近は部屋の飾り方としても人気が高く、買い替えたり移動させたりも簡単な、おすすめのインテリアです。今回は、このグリーンインテリアの実例を写真を見ながらご紹介していきます。

グリーンインテリアの飾り方

「グリーンインテリア」は、観葉植物をインテリアとして活用すること。「グリーンインテリア」という単語そのものが、観葉植物を差す言葉にもなっています。近年、このように部屋の中に緑をおいて、癒しを求めたインテリアが幅広い年代の女性を中心にして、もてはやされています。その中でも、とくに注目を集めているのが「ジャングルインテリア」と呼ばれる、より自然で、よりナチュラルさを求めた、グリーンインテリアのコーディネートです。

ハードなジャングルインテリア

ジャングルインテリアというのは、グリーンインテリアを部屋にたくさんコーディネートするだけではありません。かなり個性が強く、好みも分かれると思うのですが、人によっては部屋の壁を一面緑にしてみたり、他の無機物のインテリアも緑に統一するというかなりハードな内容。ちょっと感覚的に、ハード目なインテリアコーディネートのやり方となっています。ちょっとそこまでは…という人も多いでしょう。

部屋を過激に作り直すことは、なかなかできませんが、観葉植物をたくさん置くことで、ジャングルインテリア風にするならハードルも下がります。一緒に住む人、訪れたお客さまなど、多くの人にも、好意的に受け入れられるような、芸術的なグリーンインテリアとなるでしょう。背の高い観葉植物を、大目に配置することが、まずジャングルインテリアのポイントなります。いかに部屋の中の、緑率を高くするかにかかっているからです。

ちょっとハードな、ジャングルインテリアを、できるだけナチュラルにするには、部屋の空きスペースをよく考えた置き方が重要。写真の例では、窓に近い、他にものがない場所に観葉植物を並べています。さらに、部屋の中央に、小さめの観葉植物をおしゃれにコーディネートしています。広い空間には大きな緑を、身近なところに小さな緑とすると、まとまりが生まれてきます。

空間をグリーンで埋めるインテリア

 

部屋の天井から、大きな観葉植物が覆いかぶさってくるような、グリーンインテリアのコーディネート。ちょっと前なら、ありえないような観葉植物の選び方、置き方ですが、とても素敵なお部屋に見えますね。アンティーク風な、ダメージ加工された家具とも、とてもマッチしているのも、大きな観葉植物に違和感がない理由のひとつでしょう。部屋全体を、ナチュラル素材でまとめることで、大きなグリーンインテリアも、違和感なくマッチするようになります。

棚を使った置き方

室内にグリーンインテリアとして観葉植物を飾ろうとしたとき。手持ちに大きな観葉植物がないという場合もありますよね。金銭的にも、一度にたくさんの大きな観葉植物を揃えたりするのは難易度が高いですよね。でも、中型~小型の観葉植物なら持っている。そんな人におすすめの、グリーンインテリアのコーディネート方法です。

初心者でもおしゃれにできる置き方

いろいろな考え方の、グレーンインテリアのレイアウト方法があります。また、その人その人ひとりひとりに、センスや好みもあります。でも、いい感じに植物をインテリアとして使うポイントは、観葉植物の背の高さと量と思っておくことをおすすめします。あまり難しく考えずに、グリーンインテリアコーディネートを楽しむことができることでしょう。手持ちに大きな丈の観葉植物がない場合、この高さを作るために棚を利用します。棚にたくさん観葉植物を並べることになるので、必然的に室内のグリーンの分量も増えてくることになります。棚を使ったテクニックは、おすすめの方法です。

部屋の隅にグリーンを置く

大きな観葉植物グリーンインテリアにしようとするのであれば、大きければ大きいほど、置き場所をとります。人の動線に邪魔物があれば、自然とそこを避けて人が動くことになりますね。いくらおしゃれでも動きにくいのはちょっと困ります。人の動線の邪魔にならずに、なおかつ、印象的な置き方をするなら、室内のデッドスペースになりやすい室内のコーナーに、グリーンインテリアをレイアウトするのがおすすめです。

このレイアウトの良いところは、大きな観葉植物を少しだけ持っているという人にも、対応できるグリーンインテリアということです。新築祝いでいただいた観葉植物など、どこに置こうかと迷っている人もいるでしょう。そんな人はぜひ、室内でもデッドスペースとなっているコーナーの中から、その植物にピッタリハマる場所を見つけてください。

ベランダを植物置き場にしよう

グリーンインテリアは流行りだし、部屋の癒しにもなる。それはわかっているけれど、コバエがわいてしまったり、葉が落ちて床が汚れるなど嫌だな…と感じる人もいるでしょう。植物は嫌いではないけれど、室内で育てるのはNGという人は、ベランダに部屋に向けて植物を並べてみてはいかがでしょうか。

グリーンインテリアをベランダに置くメリットに、手入れが楽ということがあります。先程も申し上げたとおり、室内で植物を育てるには、虫やニオイ、湿気、枯れ葉のゴミなどの問題があります。特にコバエやニオイについては、一度発生してしまうと完璧に消すのは難しく、おしゃれな雰囲気が台無しです。風通しの良いベランダなら、ニオイの元となる雑菌も防げますし、コバエが湧いたとしても室内の被害は少なくて済みます。

まとめ

今回は、やってみたいけどハードルが高いグリーンインテリアの世界をご紹介しました。

私もグリーンインテリアに憧れがありましたが、世話が面倒だったり、置き方がいまいち良く分からないと

思って少し避けていましたが、自分の出来る範囲で少しずつ飾るようにしています。

なれるととても楽しいです。

何より、部屋にグリーンがある生活が一番ステキやん(^_^)

気持ちも明るく元気になります。

皆さんも是非グリーンインテリアを取り入れて豊かな生活をお過ごし下さい!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。